早わかり!大阪にある柔道整復学科

HOME > 大阪の柔道整復学科について > 大学の柔道整復学科や専門学校を卒業して資格取得するメリットと進路

大学の柔道整復学科や専門学校を卒業して資格取得するメリットと進路

 柔道整復師というのは、柔道整復術と言われている国内固有の伝統医療による施術により筋肉並びに骨の不調から正常にするテクニックを持った人を指します。
その名が示す通り、元を正せば柔道の現場において培われたメソッドです。
柔道整復師を目指すには。
東京や大阪など全国にある柔道整復師養成課程を備えている専門学校あるいは大学の柔道整復学科を卒業後に、試験を受けることが不可欠となります。
試験の科目は解剖学や生理学など人体に関しての科目になります。
柔道整復師については国家資格ということがキーポイントです。
資格試験だからこそ、受験までに教育を受けることが不可欠ですし、ハードルも高いです。
その分だけ資格の持ち主であることは、国が認める専門家ということになりますので価値が高いといえます。

 柔道整復師といいますと接骨院もしくは整骨院において体を傷つけた人に対してケアをするという印象があります。
あらためていうまでもなく、接骨院や整骨院が主だった活躍の場であることは間違いないですが、それのみならず柔道整復師が業務につく現場は広範囲にわたります。
接骨院を除いた柔道整復師の活躍の機会としてまず第一にあげることができるのはスポーツトレーナーの業務になります。
柔道整復師の資格の持ち主であることは体に関しての確実な知識を身につけていることの証というものになります。
こうした専門的な知識については、施術を実施する他にも効果が見込めるトレーニングテクニックを考えることなどに有効活用することができます。
スポーツジムの求人募集にも、柔道整復師の資格の持ち主を喜んで迎えるケースはたくさんあります。

 加えて、施術をする機会も接骨院整骨院に限定されているということはありません。
クリニックで医師並びに理学療法士と手を組みながらリハビリもしくは整復補助を目的とした施術を実施する柔道整復師もいます。
それに加えて、人間が暮らしていれば人体において正常に動かなくなるは当然のことですから、柔道整復師の施術につきましてはあらゆるところでニーズがあるといえます。
客船等で業務につく柔道整復師もいます。
その他には、柔道整復術や柔道整復学を一層発展させることを望んで医学系統の大学院へと進学して研究者を目標にする人もいます。
大学研究と現場においての施術のいずれも把握しているということが別の研究者にないアピールポイントになります。
実際に柔道整復師資格を持つ大学院生も全国には多数います。

次の記事へ

カテゴリー