早わかり!大阪にある柔道整復学科

HOME > 大阪の柔道整復学科について > 将来を見据えた柔道整復学科の特徴

将来を見据えた柔道整復学科の特徴

 柔道整復学科のみならず、医療国家資格を取得できる学科を多数有する大阪の専門学校では、スポーツ協会公認となるアスレティックトレーナーの資格までが取得できるようです。
また学生らにとっては、スポーツ競技を続けたい、こうした希望もあるはずで、専攻選びも重要でしょう。
履修するカリキュラムを短縮でき、学納金の減免も魅力にうつります。
大阪にある専門学校によって一概には言えないものの、入学金は道整復学科では300000円ほどで、授業料に関しては前期と後期に納めますが、1400000円ほどが掛かる計算です。
メディカルアスリート専攻など、独自路線の専門学校では、競技スポーツと柔道整復学科の両立ができ、授業料は1500000円ほどです。
学費は、将来への投資でもあるため、整骨院などへ就職した後は、知識と技術を修得したことを誇りに感じる卒業生が多いのも事実です。
インターンシップともなれば、1年や2年の臨床実習とは違い、手取り足取りは教えてくれないため、満足度の高い専門学校を選択したいものです。

 柔道整復学科では、基本は技術を習得するようで、3年になれば国家試験へ向けて、就職を希望するならばインターシップも経験しなければなりません。
専門学校によって提携先には若干の違いがありますし、学生の希望や要望により、経験値を上げさせます。
例えば、80%が全額自己負担となる実費型の治療院が連携先、年間売上高も平均的な接骨院よりも高いのが特徴です。
地域患者のニーズを把握していることで、満足度が評価されているようです。
就活に関する個人面談も専門学校ではありますが、接骨院経営学を学びたい、こうした学生の声に応えられるインターシップではないでしょうか。
他にも、地域によっては、中高生などの部活動のケガなどに強みを持つ接骨院もあります。
インターシップでは、柔道整復師として、さらにトレーナー活動を希望する学生を受け入れています。
その理由も単純明快、スポーツ外傷の処置やリハビリを身につけられる、加えてトレーナー経験豊富なプロの元で経験値を上げられるためです。

 柔道整復学科においてインターシップは、学生のサポート先で、成長させてくれる場所であったり、校内で学べないことを学べるだけでなく、ルールやマナーまでが学べる利点まであります。
しかし、ローカルな地域での開業を目指す学生も少なからずいるはずです。
高齢者比率が高く、若者が少ない場所では、実習生用の宿舎も整備されています。
実習指導者の資格を取得してくれる院長までいるのも魅力です。
加えて、リハビリ型のデイサービス、介護施設を併設しているなどの過疎化地域ならではの開業の仕方をチェックできます。
大阪の柔道整復学科では、やりがいは環境によるところが大きいことも説明しています。
短期間に離職してしまう、研修研鑽にならない、学費さえムダになる、そうしたことが起こらないようにオープンキャンパス、インターシップが行われています。
個人面談では、学生に対して繊細なヒアリングも必要なようです。

次の記事へ

カテゴリー