早わかり!大阪にある柔道整復学科

HOME > 大阪の柔道整復学科について > 柔道整復学科の大学や専門学校等を卒業して柔道整復師になる方法と将来性

柔道整復学科の大学や専門学校等を卒業して柔道整復師になる方法と将来性

 柔道整復師については、柔術を起こりとする施術を利用し、打撲それから、捻挫や骨折、さらに脱臼などのケアを専門に取り組む業務になります。
こうしたケアにつきましては、人の治癒する能力を全面的に発揮させるものであり、投薬や手術に関しては行わず、テーピング並びに湿布それから、包帯を活用して施術することになります。
骨折、あるいは脱臼の応急手当を除外した治療を施すケースでは医師の同意が必要になってきます。
しかしながら、その他のケアに関しましては柔道整復師の判断によって実行出来ます。
整骨院、あるいは接骨院そして、病院の整形外科がメインの勤務場所となります。
また、最近では、最新の技術を用いたトレーニングトレーナーなど、様々な活躍する場所があります。
実際に多くの方が多方面で活躍しています。

 柔道整復師になるためには、国家資格の柔道整復師の資格の取得を欠かすことが出来ません。
高校を卒業した後、東京や大阪など全国にある柔道整復学科の課程のある大学、あるいは短大それから、専門学校で3年以上学習します。
そして、どうしても必要な科目をマスターしたのちに、国家試験にパスする結果を出すことを目指すことになります。
在学している時に学習する科目としましては、解剖学もしくは運動学それから、柔道整復理論やリハビリテーション学などあらゆる角度から学習する科目があります。
そしてあらためていうまでもなく、柔道の講義もあります。
国家試験の合格するパーセンテージは70パーセント~80パーセントぐらいを推移しており、学校でしっかりと学んでいれば合格することができる難易度といえます。

 柔道整復師のケースでは、キャリアやスキルによって年収額は異なってきます。
歩合制の勤め先も非常に多く、実力があるほど収入額は増えます。
新人は年収額350万円から400万円くらいですが、10年くらいのキャリアがあると年収額600万円オーバーになるでしょう。
正規雇用社員の場合は、多くの場合健康保険並びに雇用保険等も整っています。
更に、独立開業する方も非常に多く、うまくいけば高い収入を確保することも困難ではありません。
加えて、柔道整復師の総数は年を経るごとに多くなっており、同時進行の形で整骨院もしくは接骨院などの施術所も増加しています。
その結果、競争が激しさを増しており、場合によっては廃業に追い込まれる場合もあります。
しかしながら、活躍の分野は拡大しており、ニーズのある仕事です。

次の記事へ

カテゴリー